通信制高校・高等専修学校ニュース

朝起きるのがつらい―― それは起立性調節障害かも

専門家によるアドバイス 不登校脱却のポイント

めまいや立ちくらみがしやすく、朝起きるのがつらい。午前中は、からだの具合が悪く、ひどく疲れやすい――。べつに夜更かしをしたわけでもないのに、こうした症状がひんぱんに悩まされるとしたら、それは起立性調節障害(略してOD)かもしれません。思春期の子どもに多いODは、学業不振やたびたびの遅刻、ひいては不登校の原因にもなります。周囲から「怠け」や「仮病」と見なされて、本人がひとりで苦しむことのないよう、ODについて基本的な事柄を理解しておきましょう。


中学生の10人に1人が起立性調節障害

ODが起きるのは、自律神経がうまく働かないからです。横になっていた状態から立ち上がると、血液は下半身へと下がっていくのですが、ふつうは自律神経の働きで血管が収縮し、血液は上半身に戻るようになっています。ところが自律神経が不調だと血液が戻りにくくなります。そのため脳へ流れる血液が足りなくなるので、めまいや立ちくらみがしたり、気分が悪くなったりするのです。

ODであっても多くの場合は午後には体調がよくなります。しかし、そのために身体の活動サイクルがずれて、今度は夜に目がさえて眠られず、昼夜逆転の生活になるおそれもあります。こうなっては、ますます登校が難しくなってしまいます。

軽症も含めると小学生の5%、中学生の10%がODだと推計されています。また不登校の児童生徒の3~4割がODの症状を見せているそうです。不登校の理由はひとつに限られるわけではありませんが、ODを治すことが学校復帰や気力回復のカギになる児童生徒は多いのではないでしょうか。


次の症状3つ以上当てはまったら受診を

不登校の原因のひとつとしてODが広く知られるようになってきた一方で、起床時の気分を表面的にとらえて自分はODだと思い込んでしまう人もいるかもしれません。下のリストは日本小児心身医学会が公表しているODの診断方法の一部です。自分に当てはまる症状があるかどうか、チェックしてみてください。

□立ちくらみ
□失神
□気分不良
□朝の起床困難
□頭痛
□腹痛
□動悸
□午前中に調子が悪く、午後に回復する
□食欲不振
□車酔い
□顔色が悪い

上記の症状のうち3つ以上、症状が強いものがあれば2つでも当てはまれば、ODが疑われます。医療機関で診察してもらうことをお勧めします。


適切な治療と日常生活の注意で改善

ODの治療は身体と心理の両面を見て方法を決めます。軽症なら水分や塩分を多めに取ったり、中等症以上なら血圧を上げる薬を服用したりと、症状の重さに応じて治療方法や日常生活での注意も違ってきます。

同学会によると、軽症のODなら適切な治療によって2~3か月で改善が見られるようです。しかし重症の場合は数年かかるケースもあり、本人と家族が根気強くODに対処してくことが必要です。

早く何とか治したいあまり、サプリメントや整体などにすがる気持ちも分かりますが、ODに対して効果があるというエビデンス(科学的根拠)をもったサプリや整体は、現在のところ報告されていません。医師による診断と治療に従うのが改善への確かな道でしょう。


通信制高校やサポート校ならODでも学びやすい

ほとんどの小中学校や高校でODという病気の正しい理解が進んでいるものと思われますが、ODの児童生徒への具体的な対応が整っている学校は多くないはずです。

なかなかODが治らず心配な中学生は、進学先として通信制高校やサポート校のことを知っておくと、ひとつの安心材料になります。通信制高校やサポート校の通信タイプならスクーリング(登校)日数が少ないため、自分の体調に応じて学びやすいスタイルを探せますし、時間割を柔軟に設定しやすいので、体調のよい午後からの出席を多くするなどの調整も可能です。ODに悩む生徒に適した環境ではないでしょうか。