通信制高校・高等専修学校ニュース

高卒資格と高卒認定(高認)との違いって?

新しい学校選びの基準 ニュースクからのアドバイス

中学卒業を控え進路を考えている人の中には、高卒資格を取得するのではなく、高卒認定を考えている人もいるでしょう。高卒資格と高卒認定は、同じ「高卒」という言葉は付いていますが、中身は異なります。

今回は高卒資格と高卒認定の違いや、高卒認定のメリット・デメリットなどを解説します。高卒認定を検討している人は必見です。

 

高卒資格と高卒認定(高認)との違い

まずは高卒資格と高卒認定の違いを説明します。


高卒資格とは

高卒資格の正式名称は「高等学校卒業資格」で、この資格は全日制・定時制・通信制の高等学校を卒業した人に与えられます。

高校を卒業するためには、学校に3年間以上在籍して74単位以上を取得し、特別活動に30時間以上参加する必要があります。特別活動とは体育祭や文化祭、生徒会活動などのことです。この3つの条件を満たすと、高校を卒業することができ、高卒資格を与えられます。
全日制の高校の場合は、出席日数・課題提出・定期テストによる単位の取得・学校で行われる様々な活動への積極的な参加姿勢などが求められます。定時制高校は昼間に働きながら、決められた出席日数や課題をこなし、単位を取得しなければなりません。通信制高校の場合は出席日数に制限はありませんが、課題やレポートを通して74単位の取得を目指します。
全日制・定時制・通信制のどれでも取得できる高卒資格は同じです。


高卒認定とは

高卒認定の正式名称は「高等学校卒業程度認定試験(旧:大学入学資格検定(大検))」です。高卒認定は何らかの理由で高校を卒業できなかった人が、高卒資格がある人と同等以上の学力があることを認定するための試験のことをさしています。
高校に入学したけれど中退してしまった人や、中卒のまま社会人になった人が受験することができ、高卒認定に合格すると、大学や短大、専門学校を受験する資格を得ることができます。高校に再度入学はしたくないけれど、大学や短大、専門学校に進学したいという人のための試験です。

ただ高卒認定に合格した時点では、最終学歴は中卒のままとなります。その後大学や短大、専門学校へ進学し卒業すれば、その学歴が最終学歴となるのです。もし大学や短大、専門学校を中退してしまえば、高卒認定に合格しているとしても、最終学歴は中卒になります。
高卒認定は年2回実施されており、高卒資格を持たない16歳以上の人であれば誰でも受験することができます。ただ18歳未満で合格した場合でも、高卒認定が認められるのは18歳以上です。

また大学や短大、専門学校への進学だけでなく、高卒認定を取得することで、高卒であることが条件の資格の受験にも挑戦できます。高卒以上が条件の就職試験の場合も、高卒認定があれば受験可能です。

 

高卒認定(高認)とメリットとデメリット

高卒認定は大学等への進学や資格の受験に高卒資格と同等の効力を持ちます。どんなメリットやデメリットがあるのか、それぞれ見ていきましょう。


高卒認定のメリット

まず高卒認定の最大のメリットとして、高校に通う必要が一切ないということが挙げられます。高卒認定は過去に高校を中退した人でも受験することができますが、全く高校に入学したことがない中卒の人でも受験可能です。
自由度が高い通信制高校は「学校に通う必要がない」と注目が集まっています。しかし通信制の場合スクーリングの日が決められており、毎日通う必要はないものの学校には通う必要があるのです。

高卒認定なら全く学校に通う必要はありません。認定試験に合格するためには勉強が必要になりますが、勉強さえしていれば後の時間は完全に自由です。高卒認定の効力は18歳以上にならないと発揮されませんが、16歳から受験が可能となっています。中学卒業後に勉強し、16歳で認定試験に合格すれば、18歳までの期間自由に過ごしながら大学進学を目指すことすら可能なのです。

高卒認定試験でも求められる学力は中学〜高校1年生程度の学力です。受験科目は8~9科目なのですが、1科目ごと受験することもでき、100点満点中40点を獲得すればその科目は合格となります。また全ての科目は一度合格すればOKです。合格率は70%以上となっています。
最近は学力だけではなく、その人がそれまでの人生でどれだけ人間的に成長したかを求めている企業も多いです。高卒認定を取得して就職試験を受ければ、面接でその点がアピールポイントになります。また高卒認定合格後に進学して就職する場合も、高卒認定を受けるまでの人生は他の人にはないストーリーとしてアピールすることができるでしょう。


高卒認定のデメリット

高卒認定のデメリットは、自分で認定試験に合格するための学習カリキュラムを決めなければならないことです。カリキュラムを決めてくれる高校とは違い、学校に通う必要のない高卒認定は全てが自分の裁量次第になります。

そのため高卒認定を目指していても、途中で挫折してしまう人も多くいるのが現状です。

高卒認定試験対策のサポート校などもありますので、なかなか学習習慣が身につかない場合はこういったサポートを利用するといいでしょう。


高卒認定(高認)は大学受験に有利?不利?

高卒認定が大学受験で有利なのか不利なのかは、大学によって異なります。ただ学力試験のみで入学が決まる場合は、高卒認定で不利になるということはまずありません。

学力試験だけ受験すればいい場合は、必要な学力さえ身につけておけば、平等に評価されます。不利になる可能性があるのは面接がある大学受験です。AO入試などでは面接が行われますが、高卒認定に合格している場合、必ずといっていいほど「高校に進学しなかった理由」を聞かれるでしょう。

ただ高校に進学していないことが不利になるわけではなく、進学しなかった理由を答えられなければ不利になるというだけです。

高校に進学しなかった明確な理由があり、面接官を納得させることができれば、逆にその経緯が評価されて有利になることもあります。

 

高卒認定(高認)の学費について

高卒認定は学校に通う必要はありませんが、試験に合格するために独学、サポート校や予備校、通信講座などを使って勉強する必要があります。それぞれどれくらいの学費がかかるのか相場を紹介しましょう。

まず独学で学習する場合、高卒認定試験用のテキストや問題集を使用するのが一般的です。どんなテキストや問題集をどれだけ購入するかにもよりますが、全科目分購入すると3〜4万円程度かかると考えておきましょう。学校に通うわけではありませんので、これ以外の学費はかかりません。

サポート校や予備校で高卒認定試験対策を行う場合、入学金・学費を含めて65~80万円くらいが相場です。試験対策ができる通信講座もありますが、この場合は入会金・学費で25~35万円くらいが相場となっています。サポート校や予備校、通信講座の場合は、この金額に教材費が含まれているのが一般的です。
以上の学費に加えて、高卒認定試験を受験するには受験料が必要になります。受験料は3科目以下の受験で4500円、4科目以上6科目以下の受験で6500円、7科目以上9科目以下の受験で8500円です。

 

自分の目的に合わせて高卒資格か高卒認定かを選ぼう

高卒資格と高卒認定の内容は異なりますが、高卒認定に合格すれば高卒資格と同等の効力があります。今進路について悩んでいて高卒認定を検討している人は、どうして高卒認定を選ぼうとしているのか一度しっかり考えてみましょう。明確な理由があるのであれば高卒認定が有利に働くこともあります。まずはどんな目的を自分が持っているのか考え、この先の進路を描いてみましょう。