通信制高校・高等専修学校ニュース

通信制高校、私立と公立を比較①/必ず卒業したいのなら、 やはり私立が有利です。

特色ある科目、ユニークな授業 通信制・高等専修学校の強み

通信制高校にも公立と私立があります。学校数は、公立では通信制のみの独立校7校、全日制なども一緒の併置校71校。一方、私立では独立校106校、併置校69校。私立の通信制高校が圧倒的に多いのです(令和元年度「学校基本調査」)。では、それぞれの特徴をくらべてみましょう。

 


 

学費の安さだけで選んでいい?

なによりも学費の安さが公立通信制高校のメリットですが、その反面、多くの私立通信制高校に見られるようなコースやカリキュラムのバラエティには欠けています。高卒資格だけでなく、学ぶ楽しさや、将来の進路を考えるための刺激を求める人には、公立よりも私立が適しているのではないでしょうか。

いや高卒資格さえ取れればよい、と考える人には公立でも私立でも、どちらでもよさそうですが、そうではありません。というのも、公立通信制高校の卒業率の低さが以前から言われているからです。単位制で、3年か4年で卒業し、しかも全日制にくらべて転編入の多い通信制高校では、卒業率を単純に算出するのは難しく、公的な統計もありません。そこで「在籍卒業率」という考え方で、公立と私立を比較してみましょう。

 


これだけ差がある「卒業率」

「在籍卒業率」とは、在籍生徒数に対する卒業者数の割合です。この割合が33%であれば、3年生1学年が全員卒業したと、一応、見なすことができます。実際は33%以上になることもありますが、それは3年以上かけて卒業する人の数も入っているからです。

学校基本調査によれば、平成30年度間の通信制高校の在籍生徒と卒業者の総数は、公立と私立、それぞれ次の通りです。

  公立 在籍生徒数57,285  卒業者数7,982
  私立 在籍生徒数129,217 卒業者数48,301

在籍卒業率を計算すると

  公立 13.9%
  私立 37.3%

私立通信制全体で見れば、在籍卒業率が33%を超えているのでほとんどみんな卒業していると考えてよいでしょう。一方、公立全体では1学年分(33%)の4割程度しか卒業していないと考えられます。

かりに4年かけて卒業であれば、在籍卒業率25%で全員卒業と見なすことができますが、13.9%ではそれにも届いていません。学校関係者の間では、公立通信制の卒業率は10人に4~6人程度と見積もる声が聞かれますが、それを裏付けるような数字となっています。でも、公立と私立で卒業率にどうしてこんなに差がつくのでしょうか。

 


 

生徒支援の手厚さが私立の強み

最も大きな理由は、生徒の学習支援の違いでしょう。先生方一人ひとりは、公立でも私立でも、一生懸命に指導をしてくれているはずですが、教職員数がうんと充実している私立の方が生徒支援は手厚くなります。さらに私立の通信制では、基礎学力不足の生徒の学習支援をするサポート校が利用できます。教材類の充実とあわせて、これも私立の卒業率、しかも3年での卒業率が高い理由になっています。

私立ほどの教職員数がない公立では、きめ細かな指導が生徒にどうしても行き届きにくく、学力に不安のある生徒はレポート提出が滞って必要な単位が取れず、やがて卒業をあきらめてしまうことになりやすいのです。私立になら期待できるような個別指導や学校から生徒への積極的な働きかけが、運営上さまざまな制約のある公立では十分に行えない背景があります。

また、通信制高校では年に数回、登校して対面で学ぶスクーリングの授業がありますが、回数や日程、場所(各地のサテライトキャンパスなど)は私立の通信制の方が多様柔軟に設定でき、そのため生徒も参加しやすいので、確実な単位修得につながります。公立では私立ほどの柔軟な対応はできないでしょうから、諸事情でスクーリングに参加しにくい生徒は単位修得が難しくなります。

 


 

いろいろな側面を見て判断を

全国どこに住んでいようと、通信制なら、どの高校を選んでも学べる――基本的にはそうなのですが、ここでも公立と私立の違いがあります。公立の場合、ほとんどの学校が自治体の運営によるため、入学をその地域居住の生徒に限ることが多いのです。私立であれば原則として、どの通信制高校を選んでもOKです。自分の興味やスクーリングなどの都合、学費に応じて検討するとよいでしょう。

こうして比べてみると私立通信制高校のメリットが目立ちますが、一点だけ注意があります。過去に、ある通信制高校が、ずさんな教育内容と法令違反で閉校に至りました。ごくごく一部の学校の不祥事と見なしていいと思いますが、それぞれの学校の教育の質の見極めは、選ぶ生徒と親の側の大事な責任です。案内資料を取り寄せたり、学校説明会・体験入学に参加したりして、通信制高校の教育内容をよく見極めて、ぜひ納得のいく学校選びにつなげてください。