声優を目指すなら通信制高校がオススメ!その理由や学費について徹底解説

近年、通信制高校で高卒資格を取得しながら、ユニークなカリキュラムを学べるコースが増えてきています。その1つに、いま人気がとても高い「声優コース」があります。通信制高校の声優コースに入学すれば、高校卒業に必要な一般科目を学びながら、プロになるためのレッスンも受けることができます。

今回は声優を目指す人にとって、通信制高校がオススメの理由や、かかる費用(学費)、声優を目指すことができる通信制高校の探し方について紹介します。

 


 

 

1. 声優を目指す人に通信制高校をおすすめする理由

声優を目指す人の多くは高校卒業後に声優養成所や声優が学べる専門学校に入って声優を目指していますが、どうして通信制高校の声優コースへの進学がオススメPOINTなのでしょうか。

 

 

1-1. 初心者でも、声優の基本を1から学ぶことができる

通信制高校の声優コースでは、初心者でもしっかり学べるように、声優になるための基礎から段階的に学ぶことが可能です。声優の専門学校や養成所などでは、すでに声優になるために独学で進めていたり、個人的にレッスンを受けている人も多く、専門用語や内容が難しくて、ついていけなくなることもあると聞きます。
でも、通信制高校の声優コースなら、高校生を対象にした初心者から始めても安心のカリキュラムが組まれているため、やる気さえ失わなければ、授業についていけなくなる心配もそう多くはありません。ですから、実技を重点的に行う学校も多いので、必要な実践スキルをしっかりと身に付けることができます。

 

 

1-2. 声優の勉強をしながら高校卒業資格も得られるのが最大のメリット

通信制高校の声優コースなら、声優になるための専門的な勉強をしながら、全日制高校を卒業した場合とまったく同じの『高校卒業資格』を同時に得ることができます。通信制高校を卒業するには74単位を取得する必要がありますが、このカリキュラムは全日制高校と同じ学習指導要領に沿って決められています。
万が一、声優の道に進むのではなく『大学進学』に切り替えた場合でも受験資格はあるので安心です。また、声優を目指したものの、途中で別の業界で働きたくなった場合も高卒資格は持っているため、就職・転職活動にも幅が出るでしょう。
その点からも、夢は目指しつつも転ばぬ先の杖の要素が強い『高卒資格』は生きてきます。

 

 

1-3. 通学しながらデビュー(仕事をゲット)できる場合もある

全日制高校に進学しても、みよう見まねで声優について学び、オーディションを受けることはできるのですが、高校には通わなくてはならないので、受かったとしても仕事と学業を両立することはかなり難しいと言わざるをえません。

その点、通信制高校ならスクーリング(登校しなければならない)の日数がそもそも少ないため、オーディションを数多く受けることができますし、合格(デビュー)した際にも、高校の勉強をしながら仕事を受けることもできます。実際に通信制高校の声優コースに通いながら、プロダクションに所属し、デビュー(仕事をゲット)して活躍している人もいますので、在学中のプロデビューも夢ではありません。

 

 

1-4. 同じ夢を持つ仲間(同志)に早くに出会える

声優という夢を追っていると、同じ夢を持っている仲間(同志)にしか相談できない悩みも出てくるでしょう。だから、同じ夢を持つ仲間(同志)をできるだけ早く作ったほうが、モチベーションを高く保てますし、お互いに励ましながら夢に挑むことができます。
あたりまえのことですが、通信制高校の声優コースに通えば、クラスメートはみんな同じ夢を持つ仲間です。共通の話題も多くなるので、より楽しい高校生活が送れることでしょう。

 

 

1-5. 声優以外にも道が開けるから後悔しない!

有名な声優さんも高校卒業後に専門学校や大学に進学しています。声優を目指すからといって、高校卒業資格を持っているに越したことはありません。高校卒業資格があれば、もし目標や夢に挫折してしまったとしても、その後の選択肢が広がります。声優の勉強をする中で、ナレーションやアナウンサー、役者などほかの職種を目指してみたいと思うこともあるかもしれません。専門学校や養成所は簡単に進路変更できませんが、通信制高校なら在学中に専門課程やコースを変更することが可能な場合が多いです。「大学に行ってみたいな」と思ったとしても、普通コースがあれば、コース変更をして大学受験に挑戦することもできますし、コースがなくても自分でコツコツと勉強すれば大学の受験資格はありますので、合格を目指せます。いまは全入時代です!難関大学を目指すのでなければ、そう問題ないかもしれません。

 

 


 

 

2. 声優を目指せる通信制高校の学費はどのくらい?

声優コースがある通信制高校の学費は、学校によっても違いはありますが、ほとんどの場合、年間100万円以内で済むと考えておいてよいでしょう。ただ、入学初年度は入学金が必要になるため、2年次、3年次よりは高くなる傾向にあります。

 

 


 

 

3. 声優コースのある通信制高校の確実な探し方

実際に声優コースのある通信制高校を探すとき、どのようなポイントに注意して探せばよいのでしょうか。

 

 

3-1. 憧れの声優タレントの出身校を調べる

もし憧れの声優やアニメ関連のタレントとして活躍している人がいるのなら、その人たちが卒業している高校を探してみましょう。また高校を調べれば、卒業生の名前を挙げているところもあります。憧れの声優やタレントが卒業している高校なら、夢に向かうモチベーションも必ずアップするでしょう。通信制高校出身の有名人もいると思いますよ!

 

 

 

3-2. 全国の通信制高校掲載サイトから探す

全国にはさまざまな通信制高校があるため、一つひとつを探すのは大変かもしれません。そこでオススメしたいのが全国の通信制高校を掲載した情報サイトです。地域や学びたい専門分野、入学するうえでのこだわりなどを絞って検索できるので、効率よく条件に合う学校を見つけることができるでしょう。

 

 

【まとめ】

通信制高校の声優コースを調べてみよう

声優という仕事は若ければ若いほど、プロデビューできる可能性も高まり、また、演じられる声の幅も広がる職業です。通信制高校の声優コースに進学すれば、高校に通いながら声優としてデビューするチャンスも努力次第で掴めることでしょう。「将来声優になりたい」という夢を持っているのなら、進路先候補の1つとして通信制高校の声優コースを調べてみるのもオススメです

通信制高校・高等専修学校を探す